起きて、すぐベッドで出来る体の歪み防止 整体の先生直伝ストレッチ

以前にも少しお話しましたが、気がついたらやる体操シリーズ3の、ベットで簡単に出来る体操編です
整体の先生から教えてもらった事なので、体の歪み防止に効果てき面です。
腰痛・肩こりのほか、体の歪みからくる肥満にも効果があります。
ほぼ寝ながら出来る運動なので、場所もとらず、誰にでも簡単に出来ます

一つ目は布団の中で寝ながら背伸びをする。
全部出来なくても、これだけを毎日続けるだけでも効果があるそうです

二つ目は、掛け布団は邪魔になるので取ってください。
そして仰向けに、まっすぐ寝た状態から、片足を膝で90度を作るように上げながら曲げてください。
このときお尻とモモの付け根の部分も90度になるように上げるのが、重要なポイントです。
残った片足は、できるだけ布団から離さないように、そのまま真っすぐにしていてください。

ここから曲げた方の片足を曲げてない方の側へ、ゆっくり倒していきます。
体の半分が浮き上がってきますが、この時に曲げた足の側の肩が布団から浮かないように意識して下さい。
こうすると、腰が充分に曲げられているのが分かるかと思います。
腰痛もちの方や、腰に不安のある方は、無理はせず出来る範囲でゆっくりやってください。

そのあと、ゆっくり倒した足を元の位置に戻し、また真っすぐ伸ばしてください。
そして、これと同じ事を反対側も。
同じ動きを2・3回繰り返します。

これで、かなり腰がすっきりするのが分かるかと思います。

三つ目は両手の平を見ながら顔の前に並べて持ってきて、手も肘も並んでくっつくように揃えてください。
ここから、ゆっくり手を上に上げていきます。
ギリギリまで肘は離さないようにして、離れてから両手を背伸びするように頭の上に伸ばしましょう。
そのあと、半円を描くように手を広げてさげたら、背中の肩甲骨を寄せるような気持ちで肘を体に引き寄せてみてください。
しばらくキープした後、ゆっくり腕を下に伸ばして真っすぐに戻してください。
この動作を10回以上。

これだけです
はっきり言って、3分もあれば出来てしまいます。
しかも布団から出ずに、寝たまま。
もちろん一度起きてから、広いリビングのマットの上などで寝ながらやっても大丈夫です。

究極のズボラ体操ですが、これが効くんです。
さすが、整体の先生直伝のストレッチ体操です

サブコンテンツ

このページの先頭へ