妊娠中の切れ痔

妊娠中って痔だったりイライラだったり女性にとってしんどい時期が続きます。子供が生まれる喜びだけを味わわせてくれればいいんですけどね。

今日は私の友人で妊娠中に切れ時になったという娘がいたので感想を書いてもらいました。

—-感想ここから—

私は、妊娠中に切れ痔で苦しんでいました。妊娠中は便秘になりがちで、たっぷりと水分を摂ってはいるのですが、それでも便が固くて出にくくなるのです。腸内に便がたまりきってしまうと、ようやく出てくるのですが、便があまりにも固くて大きいため、肛門が切れてしまうことが多かったです。

排便後にトイレットペーパーでふくと、ペーパーに血がついてしまうことはしょっちゅうでした。ひどい時には、便器内に血がポタポタと垂れ落ちました。出血すると、その後数日は苦しむことになります。便をするたびに肛門が切れて痛みますし、尿をする時も肛門に垂れることで傷口がしみて痛むのです。

イスに腰掛けるのも辛かったです。座布団の上に座っても肛門がズキズキと痛むので、肛門が触れないよう私はイスの上で正座をしていました。お行儀が悪いとはわかっていましたが、仕方がなかったのです。

産婦人科の先生に相談すると、酸化マグネシウムの錠剤を処方してくれました。毎日しっかり飲んでいたのですが、効果はほとんど得られませんでした。結局切れ痔のまま出産し、出産後1ヶ月ほどすると便秘がちなのも治ってきて、切れ痔も落ち着きました。

それでも今でも時々、たまに便秘がちになると、また肛門が切れて苦しみを味わうことになるのではないかと不安な気持ちになります。

—感想ここまで—

本当怖いですよね。どちらかというと中年男性がなるイメージの強い痔ですが、実は女性も結構苦しんでいるんです。恥ずかしくて打ち明けられていない人も多いみたいですね・・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ