痔になってしまった。元々腸が弱いんです。

もともと腸が弱いのか、よく下痢をしていました。なのでおしりが痛いということはよくあったんです。しかしある日、2日くらい続けておしりが痛く、どうも違和感を感じました。触ってみるのもなんなので、鏡でおしりを見てみます。鏡でおしりの穴を見るなんて、子供の時に一回だけ見た時以来です。

するとおしりから真珠くらいのなにかが出ています。もしかしてこれが「痔」?と思いましたが痔になったことがないのでよくわかりません。勇気を出して触ってみます。ちょっと痛いです。やはりこの出たものが原因のようです。おそらくいぼ痔ではないかと思い、押し込んでみます。ちょっと苦労しましたが、なんとかおしりの中に入りました。するとまもなく痛みも消えていきました。

結構ショックでした。まさか自分が痔になるなんて。しかもいぼ痔だなんて。子供の頃ヒサヤ大黒堂の新聞広告が怖くて、痔になったら人生大変なことになると思っていた私には痔というのは結構深刻な問題でした。

原因がわからないし、本当に痔なのかどうかわからないので医者に行くことにしました。幸いなことにツレが痔になったことがあり、その筋では結構有名なお医者さんを知っていたのでそこに行くことにしました。恵比寿にある肛門科なのですが、本当に有名なドクターらしく、かなり混んでいました。

さて、診察ですがこれがもうかなり痛いです。痔自体は痛くないのですが、ゴム手袋の指をぐいぐい肛門にいれてくるのでそのせいで切れ痔になるんじゃないかと思うくらい痛かったです。

結論としてはいわゆるいぼ痔で、手術するほどのことでもないそうです。薬をもらってしばらく様子を見ましょうという感じになりました。
薬は塗り薬ではなく、浣腸みたいにおしりの中に入れるタイプ。これなれるまで結構苦労しました。効いたような気はしましたが、結局いぼ痔が治るということはありませんでした。

痔は毎回出るというわけではないのですが、排便のたびに確かめなくてはならないのが最初はちょっと苦痛でした。慣れてくるとどうせおしりは拭くものなので、最近では押し込みながら拭くというのが普通になり、それほど面倒だとは思わなくなりました。

手術しようかとお医者さんにも相談したのですが、完治までに結構時間がかかること、またわたし程度のいぼ痔であればみなさん薬を使いながら痔に付き合っているということでしたので手術は断念しました。

今ではあまり痔を気にすることなく、毎日過ごしており、よほどの痛みがないとき以外は薬も使わなくなりました。まあ、出るのはちょっと不便ですが、そんなに悪化してもいないのでいいかなという感じで暮らしております。

サブコンテンツ

このページの先頭へ